2017年4月5日水曜日

映画『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』を観た

映画『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』公式サイト

岡高地区の御当地映画なので地元では話題にはなっていたが、事前紹介された情報から全く触手が動かず、将来のTV放映迄お預けと思っていたのだが・・・ついつい

原作・脚本・監督が神山 健治で、代表作はProduction I.Gでの『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズ、『東のエデン』、『009 RE:CYBORG』だろう。Wikiにも書かれている通り、『押井塾時代の神山を押井守は「級長のような存在」と評している。また、「こんなに売れるとは思わなかった。もっと早い時期につぶしておけばよかった。」と冗談交じりに語っている。対して、神山は「押井さんの影武者になれればいいと思っていた」と語っている。』が、『009 RE:CYBORG』同様に、「心の師」押井守なら、こんな風に作るだろうと作風を真似っこドンドンした作品で、本歌は同じくメタ虚構を舞台とした『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』だろうか?『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』が幅広い分野のクリエーター達に及ぼした影響は大きいだろう。(詳しくは、同Wiki 後続作品への影響を参照されたい)

だがしかし、優等生的な真似っこドンドンでは『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』を超える事は敵わなかった。やはりTV放映を待てば良かったかな?地元倉敷市では聖地巡礼を期待しているそうだが、それはTV放映後だと思うので息の長い受け入れ体制の持続が問題となるだろう。

2017年4月4日火曜日

映画パッセンジャーを観た

『パッセンジャー』未来の宇宙船に“禅庭園”が登場!その知られざるワケは?

映画『パッセンジャー』公式サイト

20XX年、乗客5000人を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が、新たなる居住地を目指して地球を旅立ち、目的地の惑星に到着するまでの120年の間、乗客たちは冬眠装置で眠り続けていた。しかし、エンジニアのジム(クリス・プラット)と作家のオーロラ(ジェニファー・ローレンス)だけが予定よりも90年近く早く目覚めてしまう。絶望的で孤独な状況下で生き残る方法を模索するうちに、2人は惹かれ合っていくのだが……。(映画.com

未来の超大型移民宇宙船を舞台にした映画なので、うっかりSF映画と勘違いしそうだが、SF的要素は殆ど無く主人公達2人のロマンスを描いたラブストーリーだ。

上映開始後30分以内に予告が異なっていたと重大なネタバレが為され、当然の帰結に至rり、そして伏線として隠された危機が表面化し、大いなる危機に直面した主人公達2人の決断と愛の行方は如何に?・・・と云う話だ。

主人公の男性側(エンジニアのジム)の重大な犯罪行為は、心情は理解出来るモノの絶対に許されない筈の事で、その結果として乗客5000人(−2人)と乗務員258人(−1人)を結果的に助ける事が出来たから許せと観客に迫るのは如何なものだろうか?

準備する時間は最長88年もあるのだし私ならロボ・ドクター(医療用ポッド)をもう1つ作り、2人で新天地ホームステッドⅡコロニーで目覚める途を選ぶと思う。アヴァロンにはプログラム次第で人工冬眠に移る手技を手伝ってもらえるだろうアーサー(ロボ・バーテンダー)もいるのだし・・・

私は、人の道に背いているという感覚、背徳感 、 罪悪感 、後ろめたさ 、疚しさ、申し訳ないと感じる心持ち、心咎め、申し訳ない気持ち を強要させられてしまった。

因みに、我が人生の伴侶は、映画通りの結末こそがしっくりくると曰った。

本当に、そうなのか?

・・・

2016年8月24日水曜日

RSSリーダーに未来は有るのか?

My Yahoo!スタッフブログ - Yahoo!ブログ:





私は愛読している皆さんのブログやホームページを巡回するのにWebアプリ版RSSリーダーを使っている。更新されたか否かがRSSリーダー上で分かるので更新されたページだけを読む事が出来るのでブックマークより便利だと思っていた。




私は恥ずかし気もなくGoogleサービスにドップリ浸かっている人なので、サービスが開始されて以来"Google Reader"を愛用していたが2013年7月にはサービスを終了させてしまった。その後も彼方やコッチの洋物和物のRSSリーダーを渡り歩いて最近ではMy Yahoo!を愛用していたのだが、ついにMy Yahoo!もサービスを終了する事になってしまった。




代替Webアプリ版RSSリーダーとしては、以前使っていてスマホやタブレットにアプリで入れている定番"feedly"に戻るか・・・日本語対応している"inoreader"へ移行するしか無いのだろう。




私の周囲の人にどうするのか聞いてみても、そもそも大部分の人がRSSリーダーなんか使っていない様だ。RSSリーダーは本当に便利なのだが、その例え話は・・・MS-IMEとATOKを比べる様なモノ。使った事が無い人に便利さを喧伝しても伝わらないだろう。


利用する人が少ないからRSSリーダーのサービスが取り止められていくと思われがちだが、そうでは無いと思っている。それどころか、RSSリーダーは現在のインターネット業界の根幹を揺るがす「鬼っ子」だから業界では扱いに困っているのだと思っている。


久し振りに記事を更新して、余りにも面白味の無い話題で恐縮だが、今日のネタはRSSリーダーである。


ggrksでは無いが、調べたい事はインターネットで解決する時代となった。それこそ「ハッキング」から「今晩のおかず」まで何でも知りたい情報を基本的には只で検索できる訳だ。勿論、それらの情報群には、作為による嘘や誤りが相当数混在していて「嘘が嘘であると見抜けない人」にはネット情報を使うのは難しいとも云われる。所謂ネットリテラシーの問題だが・・・。だが、それ以前に、それらの情報群を只で使わせてくれている大手ネット企業が構築しているインターネットには莫大な費用が投じられているのだが、インターネット企業は主にインターネット広告から費用を得ている訳だ。


コマーシャルが入るから民放地上波放送は只で放送してくれている訳だが、有料放送だってコマーシャルが入る時代だし、公共放送だってステマが混在している。だから、インターネットに広告が表示される位で有益な情報が手軽に得られるのならインターネット広告を許容すべきだろう。


だが、RSSリーダーを使うとインターネット広告が上手く透過しなくなる。だから最大手だった"Google Reader"もサービスを終了した訳だ。世界的不況と価値観の転換を受けて、今後はGoogleグループは利益構造に反するインターネットサービスをドンドン終了していく事になるだろうが、それは追従する他のインターネット大手も同じ事だろう。


だから、収益化が上手くいかないRSSリーダーは淘汰される運命にある。そして、その背後からニュースサイトの「まとめアプリ」が台頭して来ている。曰く"SmartNews"みたいな奴だ。基本的にコンテンツ本文も網羅するRSSリーダーとは異なり、更新された見出し情報を一覧させるタイプのWeb版RSSリーダーの亜種なのだろう。(「圏外でも読める」と宣伝されているが、圏外でも読めるのは見出しのみ)だが、知人のブログやホームページの更新を知る事は出来ない。


是非Googleグループを筆頭にインターネット業界大手の方々は、既存の利益構造を破壊しない形で従来のWeb版RSSリーダーに代わるサービスを枯れた技術を再耕して開発して欲しいと思っている。其の為には、ニュースサイトの「まとめアプリ」と同様に見出しと要約だけを2段階で表示させ、本文は元々のサイトに飛ばせば良いのだと思う。(要約部分は、gooブログの様に自分で書かせるでも良いし、世界最大最強のGoogleグループの力なら人工知能ででの自動要約でも良いだろう。多くのインターネット企業に検索エンジンを有償で払い下げているのと同様に、自動要約機能も有償払い下げの重要商材となる筈だ)





2016年4月1日金曜日

エイプリルフールネタ


 本日昼前の東南海沖地震は、地震発生のメカニズムは巨大地震の前兆地震とは言い難いが、東南海沖地震の想定震源域内で発生した地震なので、暫くの間は用心した方が良いのカモ?こう書くと当面の食糧や飲料水や防災用具を買い漁ろうとしがちだけど、基本に立ち返り、日常を生活している職場や学校や自宅での落下物や家具等の倒壊を防止すると云った安全対策と、通勤通学路や馴染みの店と云った立ち回り先で大きな揺れに起因する事象や津波からの避難や交通インフラの途絶から自らの命と家族の命を守る対策を再検討する事こそが急務であると思っている。




今年の3月11日にも多くの日本人が防災意識を新たに想起したのだろうから、その意識を再び鮮明なモノとして思いだし、再び自分の日常を過ごす環境を防災意識を以て再点検する良いキッカケだと思う。







図らずもエイプリルフールネタに貶めてしまったが、天災は忘れた頃にやってくるものだから、今日の地震が前兆地震だとした処で本震が引き起こされるのは明後日なのか来月なのか1年先か10年先なのかは神のみぞ知るものだ。兎に角、今日から再び防災意識を新たにして継続可能なそれぞれの家庭での防災を見直す機会だと思いたい。

2016年3月23日水曜日

STAP現象、米国研究者キンガ・ヴォイニッツ博士らが発表…小保方晴子氏の研究が正しかったことが証明 | ビジネスジャーナル

STAP現象、米国研究者Gが発表…小保方晴子氏の研究が正しかったことが証明 | ビジネスジャーナル:






「細胞が一度分化したら未分化の状態に戻ることはなく分化が進んでいくだけであり、体細胞が再び未分化細胞になり幹細胞状態として身体組織をつくれるようになるということは断じてない」と云うのが生物学の長年の常識だった。これを門外漢の一般人である私が訳知り顔で地動説天動説に準えるツモリは無い。だが、通説を覆そうとする糸口を「一回性の事象」や「やや反復性の低い事象」に頼る事を許容できない人は、科学を語るベキではないと思うのだ。




その常識に小さな穴を穿った小保方氏が、米ハーバード大学留学時代にバカンティ教授の元で「生物には休眠状態の小さなサイズの細胞が眠っており、それが病気や怪我の時に多能性細胞となり修復機能をもたらす」とする研究を行っていて論文発表がされていて、その論文を手直しして(例の騒ぎで取り消された)早稲田大学院での博士論文となっていた。博士論文授与当時の小保方氏の研究は「生物の中に元々存在する多能性細胞の種」を探す事だったが、その研究が(例の・・・マスゴミが大騒ぎをして取り下げられた)「分化した細胞に刺激を与えて多様性細胞に変化させる」研究に変わっていった。




そして、マスゴミのシュプレヒコールに押されて研究不正の認定を受け「生物の中に元々存在する多能性細胞の種」研究も「分化した細胞に刺激を与えて多様性細胞に変化させる」研究も、ウソだとされてしまった。




科学史を紐解いてみれば判る通り、(アインシュタインもホーキングも)研究不正認定を受けそうな離れ業を後日告白している。


私は、過去記事でも書いてきた通り、現時点で人類の役に立つ成果では無いが、高度な発見に至る道筋の道標(マイルストーン)に成り得る事だと記してきたツモリだ。

偉人伝に名を連ねていて私も子供の頃に伝記を読んだ野口英世博士を例に挙げて恐縮だが、現代において微生物学の分野で評価できる仕事は伝記に書かれていた偉業には無い。気に成る方はWikiで野口英世博士を御覧になる事だが、それを読み終えても、野口英世博士を称える気持ちに曇りは生じない筈だ。

いつの頃からか、オールオアナッシングと云う子供染みた思想が日本全体を席巻している風に思える。世界を判りやすくYESとNOの2つに分化してしまうマスコミの愚民化戦略なのだ。これに乗せられた馬鹿な日本人の総意に怖じ気た理研が、実験部分ではなく論文構成上のミスを研究不正と認定した訳だ。この理研の決定は、多くの科学者のフロンティア精神を挫いたと思うのだ。そして、学位請求論文を本稿ではなく草稿の評価をわざわざ「調査報告書」で公開した早稲田大学も同罪だろう。我が国日本では、通説を覆そうとするとマスコミに潰される云う中世ヨーロッパに於ける教会による科学支配と何ら変わらない未開の国なのだ。(でも、今度はマスコミは、小保方氏の歴史的マイルストーンを挫いた理研と早大を科学進歩の敵として叩いたりして?)

尚、私は、米テキサス大学医学部ヒューストン校のキンガ・ヴォイニッツ博士らの「ネイチャー・サイエンティフック・リポーツ」掲載を受けて小保方氏のSTAP現象発表論文が事実だったと主張しているツモリでは毛頭無い。但し「やや反復性の低い事象」を成立させ得ている要素や要因を検証し積み上げ、反復性を高め続ける事で、科学的な再現性が得られた高度な発見に至る日が来るカモ知れないと期待しているに過ぎない。



当ブログ過去記事「新万能細胞 2014年1月29日水曜日

当ブログ過去記事「科学の商業化? 2014年12月18日木曜日

当ブログ過去記事「プライミング効果? 2014年12月22日月曜日



「科学の公準のひとつは再現可能性にある」とされており、偶発性(どうしてだか判らないが偶然出来上がってしまったモノ等)には科学が及ばないとされてきた。だが、自然現象の大半は「一回性」のモノとされ「それを成り立たせていると考えられる要素や要因」が莫大な数となる為か純然たる意味合いでの科学的再現性には至らない事象が多いのだ。ある特定の試行で得られた非常に反復性が高い結果が得られた場合、それは再現性とは呼ばず反復性が高いと称せられるのだろう。



科学論文の再現性を、門外漢の一般人も巻き込んで大騒ぎとなった今回の事件では、多くの不幸な副次的な事件を生んでしまった。命の発生の過程で「一回性」又は「反復性が高い」と称せられる事象を、人工的な手法で再現しようとする試みである。再現性が得られなければ、論文とすべきではない、科学で扱うべきではない研究だとでも(マスコミは)云うのだろうか?



門外漢の一般人は、予測不能な自然、訳の分からない自然を生活から極力閉め出して、予測可能な環境の中で、訳の分かる事象の内部だけで生活する事を望んでいる。科学がコントロール可能な世界の中だけに住んでいると、自然現象の大半が一回性でコントロール出来ないと云う事を忘れてしまう。多額の研究費を投じて得られた発見は、手っ取り早く人類の生活に役立つ訳の分かる事象とすべきだと思えてしまうのだろう。我々を取り巻く自然の成り立ちや営みは、神ならぬ我々がお手軽簡単に理解し尽くせる程に単純では無い筈だ。専門家同士の学術的な論争に門外漢の一般人がクチバシを突っ込もうとする事は愚かな事だったと中世に於けるキリスト教界の科学支配から学んでは居ないのか?



考えてみて欲しい。科学的な再現性が得られた高度な発見に至るには、偶発的に観察される事象を成立させ得ている要素や要因を検証し積み上げ反復性を高め続ける事で到達する筈である。そこに至る筈のマイルストーンを記す事が無意味だと云うのなら、未知へ立ち向かう人類のチャレンジを無意味だと云うのだろうか?

2016年3月4日金曜日

南海地震の前兆現象?





2月29日の夜中に高知県南国市などで謎の衝撃波!?高知新聞2016年03月02日08時14分

 2月29日未明、高知県南国市や香南市などで揺れや音を伴う「衝撃」を感じた人が多くいた。「ゴゴゴという地鳴りがした」「ドーン!というすごい音がした」といった声があるほか、ネット上でも地震ではないかと一時騒ぎとなった。いったい何だったのか?

 体験した人の話を総合すると、「衝撃」があったのは29日午前1時10分前後。県中東部の安芸市や香南市、南国市のほか、高知市でも感じた人はいる。

 「縦揺れがした」「子どもが地鳴りで目を覚ました」「ものすごく速いものが横を通った時の衝撃波のように感じた」などの体験談が多い。香南市野市町の女性は「家がミシミシとして、地震だと思った」と話す。「外が光った」という証言もある。

 地震説が多いようだが、高知地方気象台は「体に感じない揺れも含め、この時間帯に地震は起こっていない」とする。さらに、当時の気圧配置は安定しており、四国の南海上の雨雲も何十キロも離れていたことから、竜巻を含む突風や雷の可能性も「まずないだろう」としている。

 では、隕石(いんせき)か!? これについては国立天文台(東京)が「隕石なら多くの目撃情報があるのが一般的。ネット上にも情報があふれるので…。今回は目撃情報はないんですよね?」と、やんわり否定する。

 戦闘機などが音速飛行したときに、激しい爆発音のような音と衝撃波を発生させる「ソニックブーム」という現象もある。 これについて中国四国防衛局報道室は、自衛隊機の飛行情報などは「ない」とし、米軍機だった可能性についても「午前1時の訓練はないのではないか」との見方を示す。在日米軍の動向を監視している民間団体のメンバーも「米軍は日曜日にあまり訓練をしない。よほどの緊急事態でない限り、午前1時に飛行はしない」と話す。

 結局、真相は謎のままだ。

 実は同じような現象は2月8日、福島県いわき市でも起こっている。この時は午後3時半ごろで、警察のヘリコプターが出動する騒ぎにもなったが、原因は分かっていない。地元紙の福島民友新聞の記者は「似てますね。何か関係があるのでしょうか」と話している。


(元記事が消えるので一応全文を引用)
#ちょっと家庭内がバタバタしていてボケ防止にブログを書くと云う作業から遠ざかっているのだが・・・

この現象は、高知県御出身の「天災は忘れた頃にやってくる」と云う標語で有名な寺田 寅彦博士(戦前日本の物理学者、随筆家、俳人)の随筆「怪異考」にはらみのジャン」と書かれている現象だろうと思われる。
怪異考「寺田寅彦随筆集 第二巻」小宮豊隆編、岩波文庫、岩波書店  1947(昭和22)年9月10日第1刷発行 1964(昭和39)年1月16日第22刷改版発行 1997(平成9)年5月6日第70刷発行 インターネットの図書館青空文庫
当の寺田 寅彦博士も茨城県八郷町(現 石岡市)で数度同じ様な現象を体験されていて短周期弾性波だと看破されて居られ地殻ちかく表層に於ける歪みの開放現象だと推察なされている。

その推察が正しいか否かは別として、このはらみのジャン」が南海地震の前兆現象で、間もなく南海地震が発生すると云う考えには私は賛成できない。

高知県でのはらみのジャン」は約150年前に確認されていて、それが1946年(昭和21年)12月21日 昭和南海地震の前兆現象だとすれば、凡そ7〜80年後まで待たなければ成らないだろう。勿論、何度も何度も発生しているから多くの人々の耳目に接しているのだろうから、そのどれから地震の前兆現象だと考えるよりは、地震とは直接関係の無い自然現象だと考えた方が論理的だとは思う。

但し、東日本大震災の前に福島県沿岸部では何度か地鳴りが報告されていたのだそうで、何度か複数回に亘る地鳴りは要注意なのカモ知れない。茨城県沿岸部では昨年末来、1月4/5/6日辺りには首都圏全域の沿岸部で、複数回の謎の地鳴りが報告されている。

寺田 寅彦博士の頃には微細な地震を観測する地震計が全国に設置されていなかったのだが、今日では日本全国に微細な地震も見逃さない地震計網が設置されている。2016年正月明けから報告が続いていた首都圏沿岸部の地鳴りだが、首都圏に設置された高感度地震計網では大地の揺れは観測されていないのだそうだ。

地鳴りは大地の揺れと云うよりも大気の揺れである空振の可能性が高く、大きな空振は遠く(数千キロメートル)離れた地域で観測される事も多く報告されている。1986年の伊豆大島三原山噴火の際には、首都圏の広範囲な地域で「風が無いのに窓ガラスや雨戸が振動するのみならず、閉め切った屋内の建具が揺れるといった現象が、大島から2~300km離れた栃木県や茨城県でも観測された。」のだそうだ。

それと、これは文系の私ならではの突飛な思い付きに過ぎないが、昨今の日本上空の偏西風の蛇行に因って空振が発生している可能性も在るのではないだろうか?平時の流速でも時速120Km位だとされるジェット気流だが、流速が上がる冬場の、更に蛇行が折り返される地点では瞬間的に時速400Km位で流れていると報告されている。この折り返し部分で流速が遅い周辺大気流との衝突も考えられ、それが原因で発生している空振もあるのでは無いかと思うのだ。(そう思って、この年末年始の偏西風マップを見れば首都圏広域での地鳴りの原因は、ジェット気流なのカモ知れないと思えてしまう)

こうした地鳴り報告が宏観異常現象なのか否かは私には判らないが、徒に恐れるのではなく、然りとて無視するのではなく「天災は忘れた頃にやってくる」との心持ちで、いつ発生するカモ知れない最悪の事態でも自らと周囲の人の命を救う為の行動が迅速に取れるように心構えをしておく事に勝る防災は無いと信じている。その為には、防災用品を買い漁るよりも自宅や職場の家具や什器の転倒防止や受傷防止の工夫を重ね、防災の観点から通勤通学路を見直し通行する道も考え直すとか、防災の観点から立ち寄る店を選ぶとか、日常生活の時々に滞在している場所からの安全な避難経路を再検討するとか、その瞬間を生き延びる為の工夫にこそ周到な準備を行っておくべきだと思う。その瞬間を生き延びなければ苦労して買い集めた防災備蓄品は全て無駄になってしまうのだ。

中国地方を挟んで日本海側太平洋側で様々な宏観現象が報告されている事こそが地震の前兆と云うより、この機会だからこそ、それぞれの家庭や職場で再び命を救う防災を考え直すチャンスだと捉まえるべきだと思う。

高知県での地鳴り報道についてのお問い合わせが多かったので、ネタにさせて頂きました。取り敢えず、御安心下さい。そして、お互いに最悪の事態に備えて命を救う行動を迅速に的確に行える様に備えて参りましょう。

2015年12月6日日曜日

「あかつき」再投入へ

別ブログ過去記事「『あかつき』軌道投入に失敗す|2010-12-08 22:01:26」から5年が経過した。失敗当初の軌道計算では再び金星周回軌道投入を狙うのは約6年後とされていたが、遷移軌道を見直す事で1年早く周回軌道投入が可能となった。そして、本年7月下旬に姿勢制御エンジンを3回に亘って数十秒間稼働させると云う設計外アクロバティックな機動を行い無事に遷移軌道へ投入に成功した。その後、本年8月29日には9回目の近日点通過で衛星の熱損傷も進んでいる模様だ。

本日中に姿勢制御を終えて、いよいよ明日軌道投入への最終シークエンスが開始される。

12月7日 4:30 臼田宇宙空間観測所が可視開始

    同    8:22   日陰通過開始「あかつき」が金星の陰に入る

  同    8:51 トップ側VOI-R1を噴射し200m/s減速させる

                 〜     減速が足りなければ自動で反転し臼田局からの指令で
                         ボトム側姿勢制御Eng.VOI-R1C 噴射を行う予定

                       
     11:30 データ受信と確認作業など

     12:00   金星との時差は8分20秒弱なので成否が判明する頃

午後にはNASAのキャンベラ深宇宙通信施設(オーストラリア)にリンク移管

今の時点で「あかつき」には自律シークエンスがアップロードされているので、後は「あかつき」に任せるしかないだろう。(もし、減速が不足していればZ軸で自動反転して、30秒毎に送信するテレメーター情報から地球側で判断し、ボトム側の姿勢制御エンジンでの追加減速を行う事になっている)


多くの方の応援が「あかつき」の成功に繋がると信じている。明日は、学業や仕事の合間に「あかつき」の成功を共に祈って欲しい。明日の昼頃にはニュース速報で金星周回軌道への投入成功が報じられている筈だ。